「神様の使いかと思った」。

宮城県石巻市駅前北通り4丁目の会社員岡本栄司さん(80)が5月22日、登米市津山町の柳津虚空蔵尊(やないづこくぞうそん)の駐車場付近で、1頭のカモシカと出合った。

 気配を感じて振り向くと、約30メートル先にいた。

望遠カメラで撮影して画像を確かめると、目が四つあるように見える。

毛色も少し違い、角も折れたのか1本だけだ。

 東北野生動物保護管理センター(仙台市)が岡本さんの画像を調べたところ、目のように見えるのは「眼下腺」で全てのカモシカにある。

そこから出る分泌物を木や岩にこすり付け、縄張りを強調するという。

 「これだけ大きく発達し、はっきりと目のように見える個体は珍しい。分泌物がたまっているのだと思う」と担当者。

専門家も驚く「使い」は、さっそうと山に消えていった。

6/4(金) 10:24配信 河北新報 画像 柳津虚空蔵尊の駐車場付近で撮影されたカモシカ