日本相撲協会のコンプライアンス委員会(青沼隆之委員長=元名古屋高検検事長)が4日、東京・両国国技館で開かれ、新型コロナウイルス対策のガイドラインに違反し、5月の大相撲夏場所を途中休場した大関朝乃山の処分意見をまとめた。

複数場所の出場停止とみられ、関係者によると引退勧告ではないという。

 処分意見は八角理事長(元横綱北勝海)に答申され、11日に開催見込みの臨時理事会で判断される。

27歳の朝乃山は禁止されている期間に不要不急な外出をしたと週刊誌に報道され、協会の調査に一度は否定したが、その後に認めた。

名古屋場所はかど番で、出場停止になれば大関転落が決まる。

引用元:デイリースポーツ