阪神藤浪晋太郎リリーフで1回0封「与えられた仕事なので、そこで結果を」 <日本生命セ・パ交流戦:阪神6-1ソフトバンク>◇4日◇甲子園 阪神藤浪晋太郎投手(27)が中継ぎで甲子園に帰ってきた。

6-1の9回。

黄色いリリーフカーからタテジマの長い足が見え、197センチの長身がグラウンドに降り立った瞬間、甲子園の7041人がどよめいた。

「セーブ、ホールドシチュエーションでもなかったですし、わりと歓声を聞く余裕はありました。勇気づけられました」 拍手に背中を押されてマウンドへ。

ノーワインドアップから初球155キロを代打長谷川に捉えられ右前打とされたが、三森には150キロの落ちる球も交ぜながら5球目の外角直球で空振り三振。

今宮を遊ゴロ、最後は8回にソロを放っていた栗原を156キロ直球で中飛に仕留めて「0」で締めた。

リリーフ藤浪としては初めて試合終了の瞬間をマウンドで迎え、駆け寄ってきた梅野らナインと笑顔でグータッチした。

この日にセットアッパー岩崎の出場選手登録抹消が決まり、2軍遠征先の名古屋から急きょ1軍に合流。

42日ぶりの昇格で1回1安打無失点だった藤浪に対して、矢野監督は「岩崎も抹消したし、どういうパターンを組めるかなというところで上げてみた。しっかりした晋太郎らしいボールを投げていた」と評価。

今後も当面はブルペン陣に組み込む考えを示した。

昨年も9月終盤から中継ぎに回り、球団最速の162キロをマーク。

13試合で7ホールドを挙げ、防御率2・53だった。

今回の2軍調整中も4試合連続で先発していたが、岩崎に加え、投手主将の岩貞らに疲れが見える中、経験ある藤浪がブルペンに加わることは大きい。

「もちろん先発をやりたい気持ちは持ちつつですけど、現状与えられた仕事なので、しっかりとそこで結果を出したい」 役割は分かっている。

開幕投手として今季の快進撃をスタートさせた藤浪が、優勝への切り札としてチームを支えていく。

▼藤浪が9回に登板し1イニング無失点。

救援登板はプロ15試合目だが、過去14試合はすべて中継ぎだったため、プロ初の「完了」を記録した。