■Y!ニュース/奈良テレビ放送(6/4 金 19:52)  県内の警察署に勤務する男性巡査長が同僚のコインケースから小銭を数十回盗んでいたとして、県警はきょう付けで巡査長を減給1カ月の懲戒処分にしました。

 懲戒処分を受けたのは、県内の警察署に勤務する20代の男性巡査長です。

県警監察課によりますと、この男性巡査長は2020年7月頃から2021年3月まで、警察署内の共有デスクの引き出しに入っていた同僚の巡査長のコインケースから小銭を数十回抜き取り、あわせて約8700円を盗んだといいます。

2021年4月、監察課宛てに匿名の封書が届いたことで発覚し、男性巡査長は「ジュースを買うためで、自分の小銭入れを持ち出すのが面倒だった」「お金を盗んだことに間違いありません」と話しているということです。

県警はきょう付けで男性巡査長を減給10分の1、1カ月の懲戒処分としました。

なお、男性巡査長はきょう付けで依願退職したということです。

県警は「このような事案を起こしたことは誠に遺憾。指導・監督を徹底し信頼回復に努めたい」とコメントしています。