NortonLifeLockは、ウイルス対策ソフトウェア「ノートン360」のユーザー向けに、専用の仮想通貨マイニング機能をリリースした。

 NortonLifeLockは米国時間6月2日の発表で、新機能「Norton Crypto」をNortonのアーリーアダプター向けプログラムに参加している一部のユーザーを対象に3日から提供すると述べた。

 Norton Cryptoは、「安全かつ容易に仮想通貨をマイニング」できるよう設計されている。

初期段階ではイーサリアムをマイニングできる。

 マイニングソフトウェアは、PCのCPUやグラフィック機能を利用して、イーサリアムやモネロなどの仮想通貨を入手する。

しかし、NortonLifeLockによると、そのためにはノートン360などのウイルス対策ソリューションを無効にしなければならない場合があり、そうすると「精査されていないコード」がシステムに侵入するおそれがある。

 NortonLifeLockは、こうしたリスクを冒して仮想通貨をマイニングすると、ユーザーのハードドライブ上にあるストレージにコインを保存している場合、苦労して手に入れたコインの窃盗や消失につながる可能性があるとしている。

 Norton Cryptoではクラウドベースのウォレット「Norton Crypto Wallet」にコインを保存し、こうした危険から保護するという。

 Norton Cryptoは今後数週間のうちにノートン360の全ユーザーに提供される予定だ。

6/4(金) 11:07配信  セキュリティソフト「ノートン 360」などを開発する米NortonLifeLockは6月2日(米国時間)、PC上で仮想通貨イーサリアムをマイニングできるソフト「Norton Crypto」を発表した。

 同社は、従来のマイニング環境を「セキュリティを無効にした上で、マイニング収益の一部をかすめとったり、ランサムウェアを植え付けたりするような信頼性のないプログラムの実行を許可する必要があった」と説明。

Norton Cryptoであればそのようなセキュリティリスクがなく、安全にイーサリアムをマイニングできるとしている。

 同社のヴィンセント・ピレットCEOは提供の背景について「仮想通貨経済がユーザーの生活の重要な部分を占めるようになってきている」とした上で「信頼のあるNortonのブランドでユーザーがマイニングできるようにしたい」とコメントした。

 Norton Cryptoでは、クラウド上にある「Norton Crypto Wallet」に獲得した報酬を転送できる。

そのため、ローカルストレージの障害によるコイン消失のリスクもないとしている。

 Norton Cryptoの提供は3日(米国時間)から「early adapter program」に参加している一部のノートン 360ユーザー向けに行われる。

その後、数週間以内に全てのノートン 360ユーザーが利用できるようになる予定。

6/3(木) 19:15配信