政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長ら専門家が、東京オリンピック・パラリンピック開催による感染拡大リスクに関する提言を出す方向で準備していることについて、 田村憲久厚生労働相は4日の閣議後記者会見で「参考にするものは取り入れていくが、自主的な研究の成果の発表だと受け止める」と述べた。

 田村氏は、五輪の新型コロナ対策調整会議に感染症の専門家2人が入っていることを理由に「専門家の意見として反映している」との見解を示した。

その上で、「(尾身氏らが)自主的にいろんなことをおっしゃっている。参考にさせていただくものがあれば、政府の中に取り入れていくことはある」と語った。

 尾身氏は3日の参院厚労委員会で、五輪の開催について「パンデミック(世界的大流行)でやることが普通でない」と指摘。

大会規模の縮小などを求めており、分科会の専門家と五輪による感染状況への影響や対策などに関する提言を出す方向で準備している。

【矢澤秀範】