6/4(金) 20:53配信 デイリースポーツ    清元三味線の初代 清元美治郎さんが4日午前5時5分、新型コロナウイルス肺炎感染症でなくなった。

76歳だった。

松竹が発表した。

コロナ感染が死因のため、葬儀・告別式は行わないという。

 大阪市出身。

1964年、初代 清元寿國太夫に入門し、翌65年、清元美治郎を名乗る。

67年、京都・南座で初舞台。

昨年12月の南座公演「廓文章 吉田屋」が最後の舞台となった。

 2013年、芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した。