錦織 相手途中棄権で全仏16強 テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は4日、男子シングルス3回戦が行われ、世界ランク49位の錦織圭が第2セットの第1ゲーム途中で同150位のH ・ラクソネン(スイス)の途中棄権のため、2019年以来2年ぶり7度目のベスト16進出を果たした。

初の対戦となったこの試合の序盤、互いにサービスゲームのキープが続くも、第4ゲームでラクソネンが足の付け根部分を負傷しメディカル・タイム・アウトを要求。

その後の第7ゲームでは錦織が先にブレークするが第8ゲームでラクソネンのリターンに苦しみブレークバックを許す。

それでも錦織は負傷の影響で満足にボールを追うことができないラクソネンを左右に振るなど第11ゲームで再びブレークを奪う。

この時点で雨の影響で約40分の中断となるも再開後の第12ゲームをキープし第1セットを7-5で先取した。

しかし、第2セットの第1ゲーム途中でラクソネンが棄権を申請し、錦織の4回戦進出が決まった。

錦織は4回戦で第6シードのA・ズベレフ(ドイツ)と世界ランク55位のL・ジェレ(セルビア)のどちらかと対戦する。

一方、無念の棄権となったラクソネンは今大会の予選を勝ち上がり、第11シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)らを破っていたが、四大大会初のベスト16進出とはならなかった。