新型コロナ対策分科会の尾身茂会長は4日午前の衆院厚生労働委員会で、 東京オリンピック(五輪)・パラリンピックについて専門家による提言を「政府は20日以降に(開催について)決められる、と側聞している。 その後だと意味がない。なるべく、それよりも前に我々の考えを伝えたい」と、早い段階で提出する考えを明らかにした。

立憲民主党の長妻昭氏の質疑に答えたもので、 開催については「本当にやるんであれば、私は緊急事態宣言の中での、オリンピックなんていうことを絶対に避けるということ」と持論を示した。

また「人々が本当は外に出て飲んで、みんなと肩を組んで応援したい。 一生懸命、自粛しているところにお祭りという雰囲気が出た瞬間をテレビで見て人々がどう思うか」などと大会運営に注文をつけた。