東京オリンピック・パラリンピック期間中、東京都が都立井の頭恩賜公園(三鷹市、武蔵野市)で予定している「ライブサイト」を巡り、武蔵野市は4日、新型コロナウイルス感染者数などの状況に鑑み、中止するよう求める要望書を松下玲子市長名で小池百合子知事宛に提出した。

一方の三鷹市は中止まで求めないものの、徹底した感染症対策を講じることなどを求める要請書を出した。

 ライブサイトは競技中継を楽しむパブリックビューイングに加え、競技体験や大会パートナー企業による出店などの催しがある。

 都は他にも都立代々木公園でライブサイトを予定していたが、小池氏が1日、五輪期間中にワクチン大規模接種会場として使用する方針を表明し、同公園では行われないことになった。

 井の頭恩賜公園は2万人の来場者を想定。

武蔵野市には5月下旬以降、公園に人が集まることを懸念する声が約50件寄せられているという。

【島袋太輔】 6/4(金) 20:47 配信