丸川珠代五輪相(50)が4日、閣議後の会見で、東京オリンピックのソフトボール女子オーストラリア代表が事前合宿に入った群馬県太田市の清水聖義市長が「市民が買い物に来る前に済ますやり方がある」などと、行動制限緩和策を示唆した件について「買い物に出ることは想定していない」とし、認めない意向を示した。

丸川氏は「入国後14日間に関しては、活動計画書に記載し、国が確認した用務先以外には行かないのがルール」と強調。

「具体的な申請があったわけではないが、お話があれば、14日間たってからご検討はいかがでしょうか、とご相談したい」と話した。

新型コロナウイルス感染症対策で選手団の移動は、ホテルと球場の往復に限定されている。