3日放送『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で櫻井翔がロシアで食べた「カツ」について言及。

その衝撃料理に驚きの声が殺到している。

二宮和也とコントの祭典『キングオブコント2014』王者のシソンヌ・長谷川忍とじろうがゲスト出演したこの日の放送。

二宮が「絶対に盛り上がる」と提案したのが『駄菓子王決定戦』。

ダンボールいっぱいの駄菓子を机に広げ、「自分が1番好きな駄菓子」を各人で探しながらその駄菓子の魅力を力説していった。

駄菓子へのこだわり、思い出を語り大いに盛り上がるなか、櫻井はスケトウダラといった魚肉のすり身を揚げた駄菓子「ビッグカツ」を手にした。

「ロシアで太平洋っていう日本料理店に入って、カツを頼んだらこれが出てきた」と櫻井は主張。

「(味とか)確実にコレなんですか?」と周囲が尋ねると、櫻井は「確実にコレ」と断言する。

「(ロシア西部の都市)サンクトペテルブルクの日本料理店」と苦い表情を浮かべた櫻井に、有吉弘行も「強烈だね」と笑った。

最終的に櫻井は「焼き肉さん太郎」、二宮は「キャベツ太郎」、有吉が「どんどん焼き」、長谷川は「スーパーBIGチョコ」、じろうは「うまい棒チーズ味」を選択。

各1票ずつとなりNo.1駄菓子を選ぶ決め手にかける展開に。

しかしじろうは「本当はこっちなんですけど被らないように(うまい棒を選んだ)」と告白し改めて「キャベツ太郎」を選択。

二宮とじろうの2人が「キャベツ太郎」を選んだため、この場では「キャベツ太郎」がNo.1駄菓子に輝いた。