お笑いコンビ「おぎやはぎ」が20日深夜、TBSラジオ「JUNK おぎやはぎのめがねびいき」(木曜深夜1・00)に出演。

結婚を発表した歌手・星野源(40)と女優・新垣結衣(32)を祝福した。

 新垣が17歳のころ、一緒にコント番組をやっていたことがあるおぎやはぎ。

「あの時からかわいかった」と振り返った。

 TBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」を全話見ていたという矢作兼(49)は「なんせガッキーが可愛いから見てんのよ。本当に凄い可愛いドラマだから、お似合いなわけよ。二人とも可愛い役だから」と語り、「大抵、女優さんはプロだから、キスシーンとかあって、本当に恋に落ちちゃったりしないんですか?とか聞かれても、仕事ですから全然、とか言うじゃない。男の方が意外と恋しちゃったりね」と持論を展開。

共演者ときっぱり一線を引く人がいる一方で、星野に惹かれて結婚も決意した新垣の人間性を「ちゃんとここで星野源を好きになるっていうのは、いい子っぽいよね」と語った。

 ドラマ共演からの結婚とあって、山口百恵・三浦友和夫妻を引き合いに出し、小木博明(49)も「それ以来かもしれないね。みんなに祝福されるというか、そういうイメージがつくカップルっていう。あんま最近いなかったよね。ここまでトップ同士が」と語った。

 さらに、かつて結婚できない女性が「高望みはしてない。星野源ぐらいでいいんだ」などという発言がチマタにあふれていたことを振り返り、矢作は「なめんな星野源を、と。逆に日本で一番結婚したいと言われてた、ガッキーを落とした男になった」と語り、小木も「お互いがお互い、高嶺の花だよね」と話した。