記事によると、5月9日夜、43歳女は友人と飲みに出かけて、夜中に帰宅。

女は酒に酔った状態であったと伝えられている。

女は遊び足りなかったのか、近所の住宅で開かれていた誕生日パーティに飛び入り参加。

女がどのように誕生日パーティの存在を知り、誰の誕生日だったのか、などの詳細は報じられていない。

分かっているのは、女は特に招待されておらず、パーティに押し掛けたという点だ。

この時、女は、同じくパーティに来ていた17歳の男子高校生にお酒を飲ませ、そのままソファの上で男子高校生と性行為に及んだという。

 この出来事から2日後、男子高校生は、自身の通う学校の職員に、「性的暴行を受けた」と打ち明けたそうだ。

職員は直ちに警察に通報。

女は、児童虐待、強制性交など複数の罪で逮捕された。

捜査関係者によると、男子高校生は、「女にお酒を飲まされ、寝込みを襲われた」と主張。

続けて、「女は恰幅がよく、100キロ以上ある体で押さえ込まれて、抵抗できなかった」と訴えているそうだ。

 本件には目撃者がいる。

2人が行為に及んだソファのすぐ横で、12歳の少女が寝ていた。

少女は2人の行為を目撃。

少女が捜査関係者に話した内容によると、少女は「2人の物音」で目が覚めたという。

少女が起きたことに気付いた男子高校生は「助けて」と少女に伝えたそうだ。

その後、助けを呼びに行ったなど、少女の行動は伝えられていない。

全文