広島県福山市は23日、新型コロナウイルスの高齢者のワクチン接種で誤ってワクチンの入っていない生理食塩水を最大6人に注射したと発表した。

市によると、生理食塩水を注射されたのはこの日午前中に市北部市民センターで接種を受けた人で、接種の対象者は119人。

生理食塩水を誰に注射したかは特定できておらず、今後、全員に抗体検査を行い、特定するとしている。

健康被害の心配はないという。

中国新聞社