落語家、笑福亭鶴瓶(69)が23日、ニッポン放送「笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ」(日曜後4・00)に生出演。

親交の深い星野源(40)が、新垣結衣(32)と結婚したことを祝福した。

 鶴瓶は星野がブレークする前からの付き合いとし、「(星野とは)ものすごい長い歴史がある」と、しみじみ。

結婚に触れ、「良かったですね、ええやつですよ」と声を弾ませた。

星野から「結婚することになりました」と、報告電話がかかってきたことも告白。

自身は「結婚すると彼女(新垣)が自由になるよね」と伝えたそうだ。

 フリーの上柳昌彦アナウンサー(63)はその言葉の真意に関して、「そうか!みんなガッキーがガッキーが、好きです好きですっていう中で、星野源さんの奥さんになる。いろんなものから解放される?」とコメント。

鶴瓶は同調し「自由になる、解放されるよって。良かったねって」と応じた。

 その後、星野が2012年にくも膜下出血と診断され、活動休止したことを鶴瓶は回顧。

当時、彼と電話で話したと明かし、「すぐ来いって言って。知り合いのお医者さん呼んで。俺、分からへんから話しなって」と、医師を紹介したことを振り返った。

星野も過去に出演したラジオ番組で、「今回も(鶴瓶に)相談しようって思って、良いお医者さんいませんかね?って言ったら『詳しい人を紹介するわ』って」と話していた。

 「優しい男ですよ、優しい男だし、男気もあるしね」。

鶴瓶は星野の人柄をそう称え、嬉しそうだった。

スポニチ