コロナ禍に揺れる広島は23日、九里亜蓮投手(29)が陽性判定を受けたと発表した。

陽性者はこれで12人目となり、投手では初となった。

 広島は同日、1軍監督、コーチ、選手、スタッフ合わせて82人がPCR検査を受けたと発表。

陽性判定を受けた九里は現在、無症状で体調に異常はないというが、管轄保健所の指示により、自宅で療養しているという。

他の81人に関しては全て、陰性判定だった。

 チームは、24日にも再びPCR検査を行う予定。

 広島は、21日からの阪神3連戦(マツダ)の中止を発表し、22日から自主練習に切り替えてマツダスタジアムで活動を継続しているが、キャッチボール以外は原則1人で動き、選手間の接触を避けるのが前提となる。

球団はPCR検査を連日実施し、感染抑止に努める。

また、交流戦初戦となる25日からの西武3連戦(マツダ)については、開催可否を24日に最終判断する。

 【広島 これまでの経緯】 16日 DeNA戦は3-3で引き分け。

異常なし。

17日 菊池涼、小園、正随に陽性反応。

18日 球団独自の判断で河田ヘッドコーチ、朝山打撃コーチ、松山、西川、磯村、石原、大盛を濃厚接触者と判断。

自宅待機とし、「感染拡大防止特例2021」に基づいて選手8人の出場選手登録を抹消することを発表。

(森笠2軍打撃コーチがベンチ入り。

中村奨、白浜、三好、林、矢野、メヒア、野間、宇草を代替指名選手として登録) 19日 球団独自の判断で塹江、坂倉を巨人戦のベンチ外措置に。

20日 朝山打撃コーチ、鈴木誠、長野、大盛、石原、羽月、スタッフ1人に陽性反応。

21日 倉バッテリーコーチに陽性反応。

21~23日に予定されていた阪神3連戦の中止を発表。

22日 PCR検査で140人全員の陰性を発表。

森下、高橋昂は濃厚接触者と判定。

スポニチ