芸能活動を行いながらも、ここ最近はやり手実業家のイメージが強い柴咲コウ(39)。

2016年に設立したレトロワグラースは、エンターテインメント、アパレル、セレクトショップの3つを核とした事業展開をしている。

 アパレルでは、地球の環境や生態系に負荷をかけない洋服づくりを行い、オンラインセレクトショップでは、体にも環境にも優しく日本のよさを発信する商品を取り扱う。

2018年には、環境省から環境特別広報大使に任命されるなど、自らの地球環境や健康への高い意識が事業に反映されている。

 よくある芸能人の飲食店やアパレルのプロデュースといった副業と違い、自ら本腰を入れて事業を行っているという。

 今年8月で節目の40歳を迎える柴咲は、現在、北海道に移住し、スローライフを満喫しているとのこと。

冬には雪が降り積もる森の中での生活の様子などを、YouTubeで紹介している。

<こんな時代だからこそ、人と支え合うことが大切だし、そういう接点を持てる場所が必要。

その第一歩として北海道に家を建てました>(「美ST」7月号のインタビュー)  仕事があるときは、北海道と東京を往復する生活を送っているという。

■高品質だが高価格  会社設立当初から知名度を生かして資本調達を行い、現在、オンラインゲームなどの事業を行う東証マザーズ上場のモブキャストホールディングスの関連会社になっている。

 だが、会社の経営状況は思わしくないという。

5月19日に公表されたレトロワグラースの決算公告によると、第5期(20年12月期)は6806万円の赤字で、前期からは赤字が縮小しているものの、4期連続で赤字決算となっている。

「アパレルブランドのミヴァコンスは、素材や縫製にこだわっていて、オーガニックのほか、土に還るコットンなどを使用していたり、デザイン性だけでなく環境を意識している分、原価が高いので価格もそれなりです。この春夏のTシャツは、国産のオーガニックコットンのもので1枚9900円します。品質はいいという評判ですが、店舗にお客が殺到した梨花さんのブランド『メゾンドリーファー』(19年全店舗閉鎖)のように、一時的にでもものすごく売れたという印象はないですね」(ファッション誌編集者)  20年4月には、資本金を8500万円に減資している。

減資には株主資本の払い戻し、欠損金の補填による経営の立て直し、節税のいずれの役割があるが、事業継続を模索していることがわかる。

だが、現在のアパレルやセレクトショップ事業を立て直すだけでは経営状況の改善は難しいようだ。

5/23(日) 9:06配信
youtube kXRoe4QcGNQ