大規模集団接種の県営名古屋空港にワクチン到着 24日から愛知県の県営名古屋空港で新型コロナウイルスワクチンの大規模集団接種が始まるのを前に、接種に使われるアメリカの製薬会社、モデルナのワクチンが届けられました。

愛知県では、豊山町の県営名古屋空港と豊明市の藤田医科大学の2か所に大規模接種会場が設けられ、24日から、周辺自治体に住む高齢者を対象にしたワクチンの集団接種が始まります。

このうち、県営名古屋空港の会場では、21日、国に承認されたばかりのアメリカの製薬会社、モデルナのワクチンが使われる予定で、23日午前、ワクチンを積んだトラックが到着しました。

委託を受けた業者が、ワクチンが入った移動用の冷凍庫を運び入れ保管する部屋に到着すると、薬剤師が、マイナス20度前後の温度を確認しながら素早く保管用の5台の冷凍庫に移していきました。

このうち一部は、24日に使えるように解凍するため、冷蔵庫に移されていました。

愛知県によりますと、23日に届けられたワクチンは、全部で2万回分あり、この会場では1日あたり最大2000人の接種を想定しているということです。

ワクチン管理の責任者で愛知県がんセンターの松崎雅英薬剤部長は「モデルナ社製が初めて、また大規模接種が初めてという2つの初めての場面になる。接種を受ける方に安心・安全を提供できるように心がけたい」と話していました。

05月23日 12時28分 NHK