5/23(日) 15:50配信 スポニチアネックス 中川翔子  タレントの中川翔子(36)が23日放送のフジテレビ「ボクらの時代」(日曜前7・00)に出演。

独特なフェチを告白する場面がありました。

 NHK連続テレビ小説「まれ」(2015年後期)で共演して以来、プライベートでも親交がある、女優の常盤貴子(49)と鈴木砂羽(48)とともにトークを展開した。

 3人の中で、まだ一度も結婚を経験していない中川は「ずっと結婚したいです」とキッパリ。

とはいえ「変な人だと本当に思われてて…」とポツリ。

 鈴木が「何でだろうね?」と不思議がると、常盤は「こだわりが強いから」と分析。

中川は「「本当はちょっとささくれがあるとか、ダメージを負ってる人が好きだけど、やめておきます」と苦笑。

「興奮しません?電車とかで骨折してる人とかいると、かっこいいとか思っちゃう」と思わぬフェチを告白した。

 これに、常盤も「私、メガネがそういう感じ」と同調。

「メガネを取った時に、瞳孔が動くのが見逃したくない。そういうのはある」と続けると、同意を求められた鈴木は「ささくれも瞳孔もないわ!」とツッコミを入れ、笑わせた。

 唯一の既婚者である常盤は夫で劇作家・演出家・俳優の長塚圭史(46)との結婚の決め手について「結婚したい!って思ったんじゃなくて、私も感覚の人だから、あ、結婚するんだな!っていう感じ」と明かすと、中川は「(自分の相手は)どこ~?」とせん望の眼差しを向けた。