魚が取れないのは地球温暖化が一因――。

政府が気候変動を意識した漁業対策の策定に本格的に乗り出す。

乱獲防止が主眼だったこれまでの水産行政から転換し、地球温暖化を見据えた対策作りに軸足を移す。

あらゆる産業セクターで温室効果ガス削減を求められる中、漁業の世界でも「脱炭素」が加速しそうだ。

「海の中で大激変が起きている」。

水産庁の幹部は、近年の温暖化の影響について、こう語気を強める。

気象庁による… ※無料部分ここまで