東京六大学野球春季リーグ戦(東大2-0法大、23日、2回戦、1勝1敗、神宮)東大が守り勝った。

2017年秋の法大戦以来、64連敗中(3分け挟む)だったが、今季初勝利を挙げた。

東大は二回2死一、二塁の場面で8番・松岡泰希捕手(3年)が右前に先制打を放ち、四回には内野ゴロの間に2点目を追加、3投手の継投で法大打線を封じた。