米国では新型コロナワクチン接種のペースが鈍化しているものの、 新規感染者数と死者は大幅な減少を続けている。

ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、 21日の新規感染者は約2万8600人で、7日間平均は1カ月前の約半分にとどまった。

死者は686人。

7日間平均は2020年4月の水準まで減少した。