J3今治の新監督に布啓一郎氏(60)が最有力候補に挙がっていることが21日、分かった。

 今季J3リーグ13位の今治は、19日にリュイス監督の解任を決定した。

岡田武史代表取締役会長はクラブを通じて「共にJ2昇格を成し遂げようと全力を尽くしたが残念な結果になってしまった」とコメント。

22日行われたJ2愛媛との天皇杯1回戦は暫定的に橋川和晃アカデミー・メソッドグループ長が監督を兼務し、2―1で勝利を収めている。

 市立船橋(千葉)を全国区の強豪に育て上げた布氏は、15年にJ2岡山コーチに就任。

18年からJ3群馬の監督を務め、19年シーズンは2位でクラブをJ2復帰に導いた。

20年シーズンに監督就任したJ2松本山雅では成績が残せず、同年9月に解任されていた。

5/23(日) 5:00配信