埼玉県の川越署は22日、強制性交の容疑で川越市の自称会社員少年(18)を逮捕した。

逮捕容疑は19日午後3時50分ごろ、同市にある集合住宅敷地内の通路で、帰宅途中の13歳未満の女児に性的暴行を加えた疑い。

 同署によると、女児が家に帰って母親に相談し、母親が110番した。

付近の防犯カメラの精査などから、少年の関与が浮上した。

少年と女児に面識はないという。

少年は「興味があったからやった」と容疑を認めているという。