ラッシュの最も苦しい時期を救ったのはロバート・プラント、ゲディー・リーが逸話を語る 2021/05/22 19:10掲載 amass Rush ラッシュ(Rush)のゲディー・リー(Geddy Lee)は、ラッシュが最も苦しい時期にレッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)のロバート・プラント(Robert Plant)からの電話で立ち直ることができたことを、英Classic Rock誌の最新インタビューの中で明らかにしています。

1997年8月にドラマーのニール・パート(Neil Peart)の19歳の娘セレナが交通事故で亡くなった後、ラッシュは音楽ビジネスから長い休息を取りました。

ヴォーカル/ベースのリー、ギタリストのアレックス・ライフソン(Alex Lifeson)、パートの3人は、再びステージを共にすることができるかどうか確信が持てませんでした。

しかし、リーは英Classic Rock誌のインタビューの中、3人の長年のヒーローの一人であるロバート・プラントからの電話が3人を暗闇から引きずり出すのに役立ったと語っています。

「1998年のアルバム『Walking Into Clarksdale』のツアーで、ペイジ&プラントがトロントに来たんだ」 ジミー・ペイジとロバート・プラントは1998年7月4日にカナダのトロントにあるモルソン・アンプフィシアターでコンサートを行いました。

「僕たちのオフィスに電話がかかってきて、自分はロバート・プラントだ、僕に話があると言っていた。誰も信じなかったけど、結局それは彼でした」 「セレナ(ニールズ・パートの娘)が亡くなった後、僕たちは活動を休止していて、良い状態ではなかった。ロバートに電話したら、ショーに来てほしいと言われたんだけど、その時はかなり落ち込んでいたんだ。彼は“いや、ショーに来て話をしよう”と言っていた。彼はバンドに何が起こっているかを理解していた。彼が言ったことを覚えているよ。“君は人生に再び参加しなければならない、早いに越したことはない。だから早く来てくれ”。それで、アレックスに電話して、ペイジ&プラントを見に行こうと言ったんだ」。

「彼らはとても素晴らしかった。とてもいい人たちだった。長年、尊敬してきた人に会って、彼らが真の紳士だと分かるほど素晴らしいことはないよ」 またリーは、英Classic Rock誌のインタビューの中で、ツェッペリンのファースト・アルバムを聴いた後、ラッシュは「すぐに彼らになりたいと思った」とも明かしています。

「最初のアルバムが発売されたとき、僕たちはウィローデールにある地元のSam The Record Manという店でレコードを手に入れ、家に走って帰って、ベッドに座って“Communication Breakdown”に夢中になったことを覚えているよ。彼らは僕たちに大きな大きな影響を与えた。すぐにでも彼らのようになりたいと思った」。

またリーは「“ヘヴィメタル”という言葉は、ツェッペリンには似合わなかった。彼らはヘヴィメタル・バンド以上の存在だったから。彼らのサウンドには常に驚きがあった。彼らは、他のヘヴィメタル・バンドでは考えられないような影響力を持ち、チャンスをものにしていた」とも話しています。