所得税の税率は、所得に比例して高くなり、最大で税率45%にもなる。

住民税や消費税などほかの税金も含めれば、所得の半分近い金額を納税している人たちがいるということだ。

そのため、税制に対して不満を募らせる人の声を見ていると、高所得者の割合が多いことに気が付く。

今回は、年収700万円以上のキャリコネニュース読者から寄せられた、税制に対する怒りの声を紹介しよう。

(文:大渕ともみ) 大阪府の40代男性は、不動産関連の個人事業主をしている。

その年収は1200万円台と高額だが、「睡眠時間を削って頑張った結果なのに、諸々の税金の差し引き後は数百万円程度しか残らない」と嘆く。

男性は 「これでは3人の子どもの学費や生活費を賄うことができない。この国では『累進税』という名の、頑張って働いた人への罰則制度がある。『結局、働かないほうが得ではないのか?』という気になってしまう」 と胸中を明かした。

この男性にとって、「納税」とは「罰金」なのだ。

たしかに、この世の中、自ら望んで納税する人がいるだろうか。

働くほどに、稼ぐほどに、納めるべき税額が増えていくのは、高所得者にとって酷であるとしか言いようがない。

「税金と社会保険料が高すぎて吐きそう!」 「頑張って働かないほうがいいと思う」と語るのは、神奈川県の40代女性だ。

女性はIT・通信系分野の個人事業主をしており、年収は700万円台。

「平均睡眠3時間で、頭痛く、体震えるほど働いて得た収入です」と打ち明ける。

それにもかかわらず、容赦なく徴税は行われ、 「税金と社会保険料が高すぎて吐きそう! 10年間で病院に行ったのは健康診断の3回だけなのに、国民健康保険料が月5万円なんておかしすぎる!所得税と住民税で年間110万円、国民年金保険料が約20万円、国民健康保険料は60万円以上」 と女性は困惑する。

決死の思いで稼いだお金を多額の税金で持っていかれれば、誰でも悲鳴を上げたくなるだろう。

同じく年収700万円台の40代男性(東京都/IT・通信系/正社員)は、この重税感を「現代の税金の水準は、昔起こった一揆のときの税より重い!」と表現する。

男性は 「ボーナス時期は、部下の月収以上の額が持っていかれ、本当に納得できない」 と憤っている。

2021.5.22 キャリコネニュース