愛媛県は22日、新たに9人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表しました。

また、松山市に適用されていた、まん延防止等重点措置は、22日いっぱいで解除されます。

新たに感染が確認されたのは9人。

すべて既存の事例で、重症ではない70代の感染者1人の死亡が確認されています。

新規の事例が0だったのは、3月22日以来2カ月ぶりです。

また、松山市に適用されているまん延防止措置がきょういっぱいで解除されることに伴い、県民に求めていた、松山市との不要不急の往来自粛は終了。

松山市の時短営業要請は、すべての飲食店から酒類を提供する飲食店に限定され、営業終了時間も午後9時までに緩和されます。

ただ中村知事は、近隣県での感染拡大や九州でインド型の変異株が確認されたことなどへの懸念を示し、今月末までの感染対策期は、引き続き外出5割削減など感染回避行動の徹底を呼びかけています。

5/22(土) 18:48 配信