コロナ禍の巣ごもり消費が影響しているのか、から揚げ専門店の出店が相次いでいる。

 大手居酒屋チェーンのワタミ株式会社はテリー伊藤氏とコラボした「から揚げの天才」を次々にフランチャイズ化。

モンテローザグループは「からあげの鉄人」を’20年4月から展開し、今では259店舗まで拡大。

すかいらーくグループはから揚げ専門店の「から好し」をファミリーレストラン「ガスト」内に併設する形で全国に展開。

’20年8月の4店舗から始まり、今では1300店舗と急ピッチで拡大している。

 この事態にSNSでは、 《昨年くらいからやたらから揚げ店増えてない?》《タピオカ屋が消えたと思ったらから揚げ店が出来てた》などの声が多く上がっている。

から揚げ店急増の秘密  ここにきてから揚げ店が急増している理由は「開業資金の安さにある」と専門家がからくりを明かす。

「最低だと35万円あれば開業が可能なんです。一般的な飲食店だと700万円はかかります。から揚げのテイクアウトのみだと冷蔵庫とフライヤー(揚げ物を作るための調理器具)があれば開業できてしまうんです」  低コスト省スペースで出店が可能なのだ。

「テイクアウト用途なら店舗立地も駅近である必要もない。賃料が安めのエリアでも構わないんです。さらに店員の数も多くはいらない。人件費も抑えられます」  2つ目の理由としては、 「調理が簡単なんです。飲食店の調理場経験がなくてもフライヤーがあれば誰でも同じ味が作れます。特別な技術がいらずに作れるというのも魅力のひとつですね」  開業資金の安さ、調理の簡単さが急増の秘密につながっていた。

加えてコロナ禍のおこもりが追い風となっている。

コロナが開けてもから揚げ爆風は続くのだろうか。

「タピオカと違ってから揚げはいつの時代も人気の食べ物ですからね。店舗数は減るかもしれませんが、ブームが過ぎ去るということはないんじゃないでしょうか」 “金賞”多すぎ問題  から揚げブームの到来とともに、ひとつの“怪”が生まれている。

《どのから揚げ店も金賞受賞している説》だ。

 クマムシの長谷川俊輔も自身のツイッターでこうつぶやいている。

《え、からあげグランプリって 全部金賞なのかよ!!!! なんだこのカラクリ!!!! 逆に考えれば常に金賞を味わえるのか!!!》  これはいったいどういうことなのか。

5/22(土) 11:01配信