2021年5月21日 特撮ファンの間で不評の声が続出している『仮面ライダーセイバー』(テレビ朝日系)。

5月16日放送の第35章『そして私は、神になる。』では低クオリティなCGを使った演出が登場し、ますますファンの心を遠ざけてしまったようだ。

物議を醸しているのは、作中の敵キャラ・マスターロゴス(相馬圭祐)が「全知全能の書」を復活させる存在となる少女・ルナを、空中に浮く魔法陣の中へと連れ去ったシーン。

主人公の神山飛羽真(内藤秀一郎)は絶望に打ちひしがれるが、ルナが飛羽真の名前を呼ぶと突然〝黄金に輝く光の階段〟が現れる。

この光の階段は2021年とは思えない出来のCGとなっており、たとえるならば「初代プレイステーション」のグラフィックと同レベル。

しかも階段を必死に駆け上がる飛羽真も、驚くほどにわざとらしく腕を振って駆け上がっている。

役者の動きとCGがシンクロしていなかったため、誰が見ても合成だとわかるほどだ。

シリアスな空気を打ち破るように登場したCGに、多くの視聴者が衝撃を受けたようだ。

ネット上ではすでに「セイバー坂」という名称が定着しており、《今時の学生作品ですらもっとクオリティ高い合成できそう》《走り方が面白すぎたしCG合成も相まって凄い笑った》《CGもやけど演技も笑いを誘うな》《ユーチューバーが編集した映像かと思った》《色々と唐突すぎてほんまわらったわ》《はてしなく遠い男坂かと思った》などとネタ扱いされている。

人気のなさから“笑い”に走った可能性も? 笑いによって人々を引き付けた同作だが、その不人気っぷりは本物。

作品名で検索を掛けるとサジェストに「つまらない」がヒットする他、特撮ファンたちは《何も考えず作ってる感じが伝わってくる》《ガチで歴代最低でしょ》《まったく愛着が湧かない》と口々に批判している。

またヒーロードラマの成否は、子ども向けに発売される「玩具」の売上によって決定されるもの。

しかし「セイバー」は現在放送中にも関わらず関連グッズがたたき売りされており、過去作の玩具よりも安値で取引されているようだ。

シリーズ前作の『仮面ライダーゼロワン』は近年稀にみる駄作と批判されていたが、同作と比較されることで相対的に再評価されている模様。

もしかすると我々は、「仮面ライダー」の歴史が大きく変わる瞬間に立ち会っているのかもしれない。

文=大上賢一