<西武8-1日本ハム>◇22日◇メットライフドーム 山賊打線の新切り込み隊長は宇宙人!? 西武のドラフト4位ルーキー若林楽人外野手(23)が3盗塁を決め、両リーグ最速で20盗塁に到達した。

初回に二盗を決めると、5回にも二盗を決めてビッグイニングを演出。

8回には三盗に成功し日本ハムをかき回した。

初の本拠お立ち台で「こんなに走れるとは自分でも思ってなかったけど、試合を重ねていくうちに、どんどん盗塁の方も成長できている」と笑顔。

辻監督が「半分、宇宙人だと思ってる」と評するスピードスターがチームをけん引し、3連勝で勝率5割復帰に導いた。

【写真】7回裏2死二塁、二塁走者若林は三塁盗塁に成功 4点リードの7回2死二塁。

二塁走者の若林が4番中村の場面、日本ハム宮西の初球に50メートル走5秒8の快足を飛ばし、鮮やかに三塁を陥れた。

辻監督も「4番バッターがいるのに盗塁しちゃうしさ」と苦笑いの大台到達だった。

高校、大学と主将を務めてきたルーキーだが指揮官いわく「(話を)聞いてるのか聞いてるのか分からなかったり。バッティング練習も、ちゃらんぽらんにやってるように見えたりする」という。

それでも指揮官は「あいつがいることで当然ピッチャーも警戒する。プレッシャーをかけるという部分では大きな仕事をしていると思います」と評価する。

就寝前にハーブティーを愛飲する若林は盗塁のポイントを問われると「とにかく力まずに、思い切り走ること」と即答。

「謙虚に、これからも走り続けられればいいなと思います」と宣言した。

これからもつかみにくい? キャラで、相手バッテリーにもつかまらず走り続ける。

【鈴木正章】 ◆若林楽人(わかばやし・がくと)1998年4月13日生まれ、北海道・白老町出身。

5歳から野球を始める。

小6で日本ハムファイターズジュニアに所属。

駒大苫小牧2年春の全道大会は1番外野手で準優勝。

駒大では1年春にリーグ戦デビュー。

家族は両親と兄2人、妹2人。

177センチ、75キロ。

右投げ右打ち。

父は僧侶で、名前の「楽人」は雅楽を演奏する者を指す言葉が由来。

▼若林が1、5、7回に盗塁を決めて今季20盗塁。

新人の20盗塁以上は19年近本(阪神=36盗塁)以来で、西武では17年源田以来5人目。

西武はこの日が46試合目。

2リーグ制後、新人の20盗塁以上はセ15人、パ20人いるが、チーム46試合目に20盗塁到達は10年荻野貴(ロッテ)の39試合目に次いで2位のスピード。

▽西武スパンジェンバーグ(5回無死一、二塁から11球粘り逆転の2号3ラン)「しっかり粘って、最終的に甘い球を仕留めることができて良かったです」 5/22(土) 20:25配信