新型コロナウイルスの感染拡大に伴い緊急事態宣言の再延長論も出ている東京都内で、22日、新たに602人の感染が確認されました。

東京都内の新たな感染者は602人で、前週の同じ曜日の人数を9日連続で下回りました。

直近7日間の感染者数の平均も650.4人となり、先週土曜日(15日)の876.4人から大きく減少しました。

感染経路別では家庭内感染が147人で最も多く次いで職場内が38人でした。

都の担当者は、自宅に友人を招いての会食による感染も確認されていることから「お店じゃなければいいと安易に思っている人がいれば感染を広げてしまう大きな原因のひとつ」として外出の自粛を改めて呼びかけました。

また、70代から90代までの5人の死亡が確認され、うち1人は感染力の強い「N501Y」変異株に感染していました。

変異株に感染した死亡者は36人となりました。

NNN