公共の風呂場でスマホを使っている人がいたら、その気がなくても盗撮を疑われるのは仕方がない。

掲示板ミクルに5月上旬、「温泉に入ってる人がスマホいじってた」というスレッドが立った。

投稿者は、旅館の日帰り温泉に夫婦で訪れたという20代の女性。

温泉に入浴中、露天風呂でスマホをいじっている中年女性を見つけて仰天したという。

「ありえなくないですか?」 「盗撮もあり得るから怖くて、露天風呂行けずに内湯だけの利用になりました」 と怒り心頭だ。

出てすぐに旅館の従業員に伝えたが、スタッフは悪くないのに平謝りされたことは罪悪感があったと綴っている。

ところが、夫からはクレーマーのように言われてしまったそうで「ショックです」と嘆いていた。

(文:okei) ■「なんならデータを確認したいくらいの事」 個室や貸し切りの風呂でもないのに、不特定多数の客が利用する大浴場でスマホをいじるのは、どう考えても非常識だろう。

撮影などしていなくても、可能性だけで周囲は不快・不安になるものだ。

スレ主の夫は危機感が無さ過ぎではなかろうか。

日帰りとはいえ、せっかくの温泉気分が台無しになり気の毒だ。

スレッドの回答は「風呂の中でスマホいじるの?非常識すぎでしょ!」などと問題の中年女性を批判し、スレ主に賛同する声が相次いだ。

「うわ、そんな客いるの?非常識過ぎてびっくり。それを従業員に報告するのを『クレーム』と捉えるご主人の感覚にもビックリ」 「(投稿者は)間違ってないし、どんな事を理由にしようが非常識でしかない。なんなら データを確認したいくらいの事だからね」 もしこの騒ぎがSNSで流れれば、旅館が信用を失い経営難に陥る可能性もあるとまで指摘する人も。

「プールだと赤ちゃん撮影のホームビデオのカメラでも注意されますよ」という声もあるように、今は撮影できる状況そのものに、厳しい目が向けられることも多い。

また、「女性が金銭目的で盗撮する場合もあるらしい」といったコメントもあったが、 実際に先月5日、熊本県内の温泉の脱衣場で女児を盗撮したとして、29歳の女が逮捕されている。

元交際相手に頼まれての犯行だったというから驚きだ。

■「滅多に行けない場所だから景色を残したかったのです」という謝罪 一方、スレッドには一人だけだが「逆にした事がある者です。すみません」と正直な告白をする人もいた。

決して盗撮などの目的ではなく、 「滅多に行けない場所だから景色を残したかったのです……でも、自分が犯罪をしてる事は重々承知しているので、脱衣所・温泉に他のお客さんがいる場合は絶対やってません」 と謝罪している。

気持ちは分かるが、もしそれを人に見られた場合、まずいことになりそうだ。

「李下に冠を正さず」という言葉もあるように、疑われるような行動はまずしない方がいい。

ところで、先日のGWはヤフー知恵袋に、温泉旅行で彼氏から「脱衣所ではスマホいじらない方がいいぞ」と注意されモヤモヤしている女性からの相談もあった。

彼氏にどう思われたか気にしているようだったが、ごくまっとうな優しい彼氏だろう。

常識・非常識の境界線は、人によって意外と違うようだ。