テレ朝ニュース 2021/05/21 10:47 アメリカのオハイオ州で新型コロナウイルスのワクチン接種をした人に抽選で1億円余りが当たる異例の対応を発表したところ、一日あたりの接種者の数が53%増えました。

中西部のオハイオ州は12日、ワクチンを接種した18歳以上の住民は100万ドル、1億円余りが5人に当たるくじに参加できると発表しました。

1回目の接種をした人は6日から11日の6日間では約7万4000人でしたが、この発表の後の6日間は約11万3000人に増え、一日あたりの接種者の平均が53%増加しました。

すでに多くが接種した80歳以上を除き、すべての年代で接種率が上がっています。

100万ドルのくじは来週から、毎週水曜日に合わせて5回実施されます。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2021