松山樹子さん(まつやま・みきこ、本名・清水樹子=しみず・みきこ=松山バレエ団創立者)22日、急性心不全のため死去、98歳。

通夜は親族のみ、葬儀・告別式は6月30日、東京都港区南青山2の26の38、梅窓院で。

喪主は長男で松山バレエ団総代表、清水哲太郎(しみず・てつたろう)氏。

 日本のバレエ界の草分けとして活躍し、昭和23年に清水正夫氏と松山バレエ団を創設。

森下洋子さんを世界的バレリーナに育てた。

60年に紫綬褒章、平成6年に勲四等宝冠章を受章。