アミメニシキヘビ、アパートの屋根裏で生きた状態で発見 横浜市 5/22(土) 17:28配信  横浜市のアパートからいなくなっていたアミメニシキヘビがさきほど、飼われていたアパート内で発見された。

ヘビは生きているという。

 アミメニシキヘビは今月6日、横浜市戸塚区のアパートの部屋から逃げ出した。

 警察などによると、この部屋に住んでいた男性がペットとして飼っていた。

体長はおよそ3.5メートル、直径は10センチ、その後、警察や消防団などが周辺の警戒や捜索を続けていた。

 今日午後5時前、爬虫類の専門家がアパート内でヘビを発見したという。

 発見した専門家は、ヘビは外ではなく屋根裏にいる可能性があるとして、今日アパート内を探していた。

ヘビは生きているという。