朝日新聞出版のニュースサイト「AERA dot.(アエラドット)」などによる大規模接種センターの架空予約問題をめぐり、日本維新の会代表で、大阪市の松井一郎市長は21日、朝日新聞の記者と応酬を繰り広げた。

日本維新の会  「国の大規模接種センターもオンラインのみの受け付けだったが混乱はなかった。毎日、朝日の愉快犯的なことはあったが…」  松井氏は21日、市独自の大規模接種概要の予約方法などを市役所で公表した際、唐突にこう語った。

 これを受けて朝日記者が質問に立った。

安倍晋三前首相がツイッターで、「朝日、毎日は極めて悪質な妨害愉快犯」とつぶやいていたことなどを引き合いに、朝日記者は「松井氏も同じ考えか?」と聞いた。

 松井氏は「偽造して予約する必要があったのか。予約システムに不備があると、鬼の首を取ったように報道する意味がどこにあったか」と述べた。

 すると、朝日記者は「鬼の首を取ろうと思ったのではない。チェックするのが仕事であり、普通の取材行為だ」「愉快犯というと犯罪のようだ。公益性はある」などと反論した。

 松井氏は「大勢が(予約を)待っており、真面目に番号を打った人の邪魔をした」「偽造してやるのは、犯罪とはいわないがおかしい」「僕らの考え方では不必要な取材だ」などと指摘した。