住友生命保険の社長に4月就任した高田幸徳氏(56)は共同通信のインタビューに応じ、2025年度末に女性管理職の比率を50%に高めると明らかにした。

既に営業現場の管理職は女性が過半となっており、さらに「部長や役員として活躍する機会を広げたい」と述べた。

 女性管理職の比率は、16年度作成の「女性活躍推進に関する行動計画」で33%以上とする目標を立て、既に4割程度まで伸ばしていた。

約3万人の営業職員のうち大半を占める女性の管理職への登用を一段と進める考えだ。

 高田氏は、これまでの女性の登用について「管理職を目指すロールモデルが少なかった」と振り返った。

共同通信 2021/5/22 14:47 (JST)