日本政府が新型コロナの水際対策措置として行っている外国人の入国拒否対象国に、5月21日(金)から新たにタイやカンボジアなど7カ国を加えると発表しています。

今回追加されるのはタイ、カンボジア、東ティモール、スリランカ、セーシェル、セントルシア、モンゴルで、5月21日午前0時から有効。

これら7カ国を加えると上陸拒否対象国は計159カ国・地域に拡大することになります(東南アジア域内での対象国は、インドネシア、フィリピン、マレーシア、ミャンマー、カンボジア、タイ、東ティモール)。