東京五輪代表の池江璃花子(ルネサンス)が、200メートル自由形予選に出場。

2分8秒44で大学生以上の部では16人16位となり、午後の決勝には進めなかった。

 200メートル種目に出場するのは、白血病から復帰後初めて。

この種目のベストタイムは日本記録でもある1分54秒85。

西崎勇コーチは「200は復帰後初なので、今回は今後に向けて状態を確認するために出場しました。 200の練習もしておらず、正直、手探りな状態でしたが、これをきっかけにスタートとしていきたいです。100のターンで思ったよりも体が上がらなかったことが確認できたので、今後に向けてやっていきます」と話した。