放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。

今回は、電撃結婚を発表した新垣結衣(32才)と星野源(40才)について。

 * * *  所属事務所がそう言っているからしかたがないのかもしれないが、19日16時、「星野源、新垣結衣、結婚へ」なる発表直後から、まるで判で押したかのように言われているのが「今年1月放送の“逃げ恥”の続編で再共演。再会がきっかけで交際が始まったという」である。

 そのドラマとはもちろん『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル‼』(TBS系)。

 以来、同日夕方のニュースを担当するアナウンサーらが揃いも揃って「交際開始から、わずか5か月ですよね?」「スピード婚ですよね?」などと言っているのにも驚いた。

大型カップルの電撃婚に動転してしまったのか。

視聴者とて、「撮影していたのは、去年でしょ?」とツッコんだのではないか。

 この二人の結婚で、いくつか思い出すシーンがある。

一つ目は、2016年12月、連ドラ時代の“逃げ恥”最終回押し(最終回の番宣)を『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』が大々的にやったときのこと。

金スマで「そりゃあ好きです」(星野)  既に社会現象となっていた“逃げ恥”“ムズキュン”、そして“恋ダンス”。

“金スマ”が取り上げるには十分過ぎるほどの要素が揃っていた。

そこに出てきた星野源と新垣結衣。

そのダダ漏れなラブラブ感に、(この二人、きっと付き合ってる)(実際に付き合っててほしい)と思った視聴者は多かったのではないか。

 中居も新垣のキュートさにヤラれたのか、それとも星野の“ガッキー大好き”という雰囲気に聞かずにはいられなくなったのか「好きになってない?」と星野にブッコんだのである。

彼の答えは「そりゃあ好きです」。

これはもう絶対に付き合ってる……、筆者の妄想もおおいに膨らんだものである。

 二つ目は、翌年、星野が「第41回エランドール賞」で「新人賞」を受賞したときのこと。

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』も「特別賞」受賞していたことから主演として既に登壇済みだった新垣が再び登壇し、星野に祝福のコメントを送ったのだ。

結婚報道後、各局がもっとも使っているVTRだ。

 ドラマの撮影時を振り返り、当時、星野が複数の作品に同時に出演していたことに言及。

だが、そんなことも感じさせぬ穏やかな星野に助けられ、背中を押されたたと感謝の弁を述べた新垣は、最後、「健康に 楽しく頑張ってください」と締めた。

印象的だったのは「健康に」というくだりである。

前後に長い間をとり、へ~、ガッキーってこんなに張ることがあるんだ…と驚かされるような大きな声で星野のほうを向いて伝えていたのである。

かつて、くも膜下出血で倒れ、休養したり再手術をしたりしたことをわかっていて、星野を気遣ったのだ。

このときも、二人の関係に“特別感”を抱いたものだ。

 翌2018年、星野が新垣の住むマンションの別棟に引っ越したという報道をしたのは『女性セブン』。

以来、他社もツーショットを撮ろうと動いたものだが叶わなかった。

 同じマンションの別棟や別室に住み、人目を避けて有名人カップルが双方の部屋を行き来する“パターン”はトレンドと言っていい。

マスコミに見つからないうえ、たとえウワサが出たとしても決定的な写真を撮られにくい。

直近では、有吉弘行、夏目三久がこれだった。

二人揃ってわざわざ「久しぶり!」  思い出すシーンの三つ目は、昨年9月25日オンエアの『ぴったんこカン・カン』(同)。

“逃げ恥”ファミリーでもある古田新太と藤井隆が担当しているコーナー「砂肝コンフィ会」のゲストに星野と新垣がやってきたのである。

理由は『逃げ恥SP』のオンエアが決まり、その発表をするため、星野に続いて時間差で新垣が登場したのだが、共にハイテンションで「久しぶり!」と声をかけあっていた。

さらに「一昨年ぶり」と説明。

二人は、久しぶりに会ったことに“なった”。

   20日、『ひるおび』で井上公造氏が堪えきれずに(!)指摘していたが、「(スペシャルドラマの」撮影が終わって、いきなり結婚を前提にお付き合いをしましょうという男女はいないと思う」「その前に付き合っていたとは言いませんけど」と前置きし、「どこか気持ちに好意を寄せているとか、お互いに好意を寄せているとわかるような意思確認的なことはどこかであったと思います」と。

2021年5月22日 7時5分 NEWSポストセブン