日本の新型コロナウイルス感染者は世界に比べると「さざ波」とツイートし波紋を広げた内閣官房参与の高橋洋一さん(65)が22日、レギュラー出演しているABCテレビ「正義のミカタ」(関西、東海ローカル)で、「世界と比べると話題になりますけど」と自虐発言を交え、日本の国内総生産(GDP)の落ち込みは想定内だと分析した。

 18日に発表された2020年度のGDPが、リーマン・ショック時を超える過去最悪の年率4.6%減と発表されたことについてMCの東野幸治(53)から意見を求められた高橋さんは「想定内。確かに大変ですけど」と言いながら、「米国は3.5%、英国9.8%、フランス8.1%、ドイツ5.0%といずれも落ち込んでいる。それから見れば日本は良い方。財政出動に応じて落ち込み幅が決まる」とデータを挙げて持論を語った。

関連 元財務官僚の高橋洋一氏、窃盗容疑で書類送検 2009年03月31日16時03分     温泉施設のロッカーから高級腕時計などを盗んだとして、警視庁練馬署は2009年3月30日、元財務官僚で東洋大教授の高橋洋一容疑者(53)を窃盗容疑で書類送検した。

同日、各紙が伝えた。

高橋容疑者は3月24日20時頃、東京都練馬区の温泉施設の脱衣所で、カギのかかっていないロッカーから現金5万円が入った財布や、数十万円相当の「ブルガリ」の腕時計を盗んだ疑いが持たれている。

高橋容疑者は小泉政権でのブレーンとしても知られ、「さらば財務省! 官僚すべてを敵にした男の告白」(講談社)などの著書がある。