プロボクシング界には大きく四つの団体と体重別に17の階級がある。

さらに“暫定王者”やら“スーパー王者”やら、つまり無数の王者が存在する。

それら団体や階級を超えた最強ボクサーを評するランキングが“パウンド・フォー・パウンド(PFP)”である。

我らが井上尚弥(28)は現在PFP2位。

もちろん日本人歴代最高位だ。

 そんな井上のバンタム級2冠防衛戦が6月19日に“ボクシングの聖地”ラスベガスで行われるが、その翌週に同会場で行われるメインイベントにもご注目を。

 ワシル・ロマチェンコ(33)──ボクシングに疎くても彼の名は聞いたことがあるのでは。

アマ時代に五輪を連覇、プロ入り後は世界最速で3階級を制覇。

PFP1位にも君臨した世界的スーパースターだ。

 ボクシング記者が語る。

「ロマチェンコは前の試合でテオフィモ・ロペス(23)に判定負け。その後、右肩を手術し、今回が復帰初戦になります。タイトルマッチではありませんが、全米が注目する一戦です」  その対戦相手に選ばれたのが、中谷正義(32)である。

日本ではほぼ無名のボクサーで、一見、噛ませ犬に思えるが、 「全く違います。中谷はアメリカで評価が急上昇しているボクサーですよ」  中谷は高校で井岡一翔と同期だった。

プロ入り後、負け知らずで東洋太平洋ライト級王者になり11度もの防衛を果たすも、19年夏に行われたIBFライト級王座挑戦者決定戦で、前出のロペスに判定で初黒星を喫する。

そして“デビューしてから一回でも負けたら辞めようと思ってた”と言ってあっさり引退してしまう。

 しかし、 「米国のファンは中谷を絶賛し、判定には批判が殺到。引退後も“もったいない”との声が多数寄せられ、昨年末にカムバック。復帰戦はラスベガスで、“次世代スター”の呼び声高い相手に、9回逆転TKO勝利し、一段と評価を高めています」  そして今回のロマチェンコ戦。

下馬評は悪くない。

「中谷の方がリーチがある。二人が対戦したロペスを物差しに“中谷有利”の声も。勝てば一夜にしてスターボクサーの仲間入りです」 「週刊新潮」2021年5月20日号 掲載 土) 10:57配信
youtube NVwr4NByeUQ