マッチこと近藤真彦さん、ついにジャニーズから卒業。

デビュー40周年の節目にまさかの不倫発覚で、無期限の活動自粛中でのことだった。

退所を申し出たのは4月中旬という、異例のスピード退所。

今後は芸能とレースの二刀流で再出発するそうだ。

 退所にあたって会見はせず、ファンへの説明や謝罪もなし。

最後までやりたい放題の「ジャニーズの長男」に、後輩で親交もあった東山紀之さんでさえ「退所の仕方に疑問が残る」と苦言を呈したほどだった。

 近年ではテレビへの露出や音楽活動が減り、カーレースに主軸を置いていたマッチ。

それでも2010年にはなぜかレコード大賞最優秀歌唱賞を受賞し、2015年には紅白の白組トリを務めた。

2014年のジャニーズカウントダウンコンサートでは活躍中の後輩たちをさしおき持ち歌を15曲熱唱。

長男どころかジャイアンを彷彿とさせるマッチだが、やりたい放題というイメージは昔からつきまとっていたのではないか。

近藤真彦  オリコン上位でもなかった「愚か者」でレコード大賞受賞、交際していた中森明菜さんのお金をレースに使い込んだという疑惑、そして有名な金屏風会見……退所報道後は、スタッフに対する態度の悪さを次々と暴露されている。

ただ、苦い思いをしたのはスタッフに限らないようだ。

 たとえば、野々村真さん。

同い年なのにずっと敬語で話しているそうだが、それはマッチから「言葉に気をつけてください」と釘を刺されたからだという。

年齢ではなく芸歴で上下関係が決まる業界の古い習慣だろうが、身内には甘いのがマッチ。

中居正広さんによれば、行儀の悪いジャニーズJr.がいると注意しようとしたところ、「俺の息子だ」とマッチは中居さんの頭を叩いたそうだ。

冷や汗をかいたと笑い話にしていたが、我が子のしつけは甘いと思われても仕方ない。

さらにはそのジャニーズ会やカーレース会場にも、例の不倫相手を同席させていたとも報じられた。

 マッチは「不倫がバレてももみ消せる権力があるから大丈夫」と豪語していたようだが、背景には寵愛を受けていたジャニーズの「女帝」・メリー喜多川氏の影がある。

以前も何かしら悪事を揉み消してもらった実績があったから言えることだろう。

つくづく「ジャニーズのダメ息子」っぷりがわかるエピソードである。

 しかしマッチはなぜここまで面の皮を厚くできるのか。

それは彼に、芸能でもレースでもない第三の才能があるからだと思うのである。

メリー氏に徹子に明菜、妻に不倫相手も……自立した高収入の女性を転がす屈指のヒモ体質  それは屈指の「甘え上手」、もっと言うと「ヒモとしての嗅覚」ということである。

しかも、相手の選び方が実に上手い。

今まで彼の活動を支えてきた女性たちは、みな圧倒的な高収入かつ自立した女性たちばかりである。

前述のメリー氏や、マッチに巨額のお金を貢いだと言われる明菜さんは最たる例だろう。

その彼女をフって選んだのは、経営者の娘で自身もヨガインストラクターとして活躍する妻・敦子さんだった。

当初は結婚に反対されたというが、懸命に後押しをしたのはなんと黒柳徹子さん。

今回の不倫相手も、30代前半ながらオーダースーツ会社社長とやり手の様子。

とにかくマッチの、しっかり者でお金持ちの「スポンサー女性」を探す嗅覚は驚くほどだ。

 そして彼女たちに共通しているのは、仕事上の競争相手が多い世界に身を置いていることである。

つまり、他人に弱みを見せづらく、口が固いことが想像できる。

社長やインストラクター、売れっ子芸能人。

お金や恋愛がらみのスキャンダルは、ライバルに足を引っ張られる格好の材料となる。

だから皆、多少マッチに無理をさせられたところで、ジタバタ騒いだりしない。

タレントの不倫報道は相手からのリークも多いが、マッチの場合は違った。

むしろ相手の方が、バレるリスクを恐れていたという。

  2021年5月22日 11時2分 デイリー新潮
youtube w7Cr5j8y0jc