【AFP=時事】米地質調査所(USGS)によると、中国北西部・青海(Qinghai)省で22日未明、マグニチュード(M)7.3の地震が発生した。

この数時間前には中国南西部・雲南(Yunnan)省でもM6.1の地震があり、少なくとも2人が死亡した。

【図解】先に雲南省で起きたM6.1の地震の震源地  USGSによると、青海省の地震は22日午前2時4分(日本時間同3時4分)ごろ発生。

震源は西寧(Xining)市の南西約400キロで、震源の深さは10キロと比較的浅い。

 青海省はチベット高原(Tibetan Plateau)に広がる人口の少ない省。

地震によるけが人や被害の情報は今のところない。

2010年にはM6.9の地震が発生し、3000人の死者・行方不明者が出ていた。

 雲南省の地震は21日午後9時48分(日本時間同10時48分)ごろ発生。

震源は観光都市・大理(Dali)市近郊で、震源の深さは同じく10キロ。

 同省の地元当局は22日未明の発表で、2人の死亡が確認され、少なくとも17人が負傷し治療を受けていると明らかにした。

2万人以上が避難したという。

 雲南省は山岳地帯に位置し、住民の多くは農村地域に暮らしている。

【翻訳編集】 AFPBB News 【関連記事】