とにかく打て――。

巨人・小林誠司捕手(31)が長い二軍生活でもがき苦しんでいる。

実績面からも本来の居場所は一軍の舞台ながら、打撃不振から抜け出せず、二軍でも打率1割4厘の超低空飛行。

首脳陣も呼び戻そうにも呼び戻せず、伸び盛りの岸田行倫捕手(24)の育成法にも影響を与えているといい、球団関係者からは切実な声も上がっている。

 21日の中日戦(バンテリン)は、またもやブルペン陣がフル稼働となった。

先発した畠が7回途中1失点で降板すると、〝ぶっつけ本番〟で約1か月ぶりに登板した守護神のデラロサを含む7投手の継投で、1―1の引き分けに持ち込んだ。

 薄氷のドロー劇に、試合後の原監督は両手を広げて綱渡りをするポーズをしつつ「やっぱり(得点が)1点で、同点で引き分けるというのは簡単ではないよね」と攻撃陣に奮起を求めた。

 連日のフル回転となっている救援陣とは対照的に、なかなか出番に恵まれないのが4年目捕手の岸田だ。

この日は8回からマスクをかぶり、同点の緊迫した場面で2イニングを無失点で封じたが、4月7日に一軍に昇格して出場はまだ6試合目。

大城と炭谷に次ぐ第三捕手の位置づけのため出場機会に恵まれず、先発マスクはゼロ。

打席に立ったのは2度だけで、球団関係者からは「伸び盛りの選手なので、もったいない気もする。一軍で数少ない機会を経験するのも大事だけど、二軍でどんどん試合に出て経験を積むのもいいかもしれない」と複雑な声が漏れている。

 ただ、そう簡単に入れ替えられない事情もある。

二軍には修行中の高卒2年目・山瀬と育成の喜多に加え、打撃不振で再調整中の小林がいる。

4月7日に一軍登録を抹消されてからも打棒は上向かず、二軍でもまさかの28打席連続無安打。

今月3日に今季初安打を放ち、この日のイースタン・楽天戦(ジャイアンツ球場)の4打数1安打で、ようやく打率0割台を脱したばかりだ。

「岸田に二軍で実戦を積ませようとしても、小林が打たないことには小林を上げようがないでしょう。二軍でくすぶるような選手ではないはず。何よりも小林本人のためにとにかく打ってほしい」(同)  2017年にはゴールデン・グラブ賞を受賞するなど、球界屈指の鉄砲肩を誇る背番号22。

その課題となっている打棒は自身の復権だけでなく、後輩捕手の育成術にも影響を与えているようだ。

5/22(土) 5:15