バイデン政権、遅ればせながらワクチン外交に参入 8000万回分を無償供与 Newsweek マシュー・インペッリ2021年5月19日(水)20時31分 アメリカが無償供与するワクチンの1つ、アストラゼネカ製ワクチン <ワクチン外交で先行する中国が、さっそく「アメリカの動機のほうが疑わしい」と噛み付いた> ジョー・バイデン米大統領は5月17日、新型コロナウイルスのワクチン8000万回分を6月末までに国外に無償提供することを発表した。

すると中国は翌日、ワクチン提供の意図が疑わしい、とバイデン政権を非難した。

18日の記者会見で、中国外務省の趙立堅(チャオ・リーチエン)副報道局長は、「中国がワクチンを供与するたびに、アメリカはそれをとやかく騒ぎ立ててきた。アメリカの真意や動機のほうが疑わしい」と語った。

「アメリカとは違って、中国は世界に影響を与えたり、世界をリードしたりするためにワクチンを利用しない。また、中国は具体的な行動をせずに、無駄話にふけることもない。中国の目標はただ一つ。発展途上国において、より多くの命を救うことだ。われわれの支援に、地政学的な課題や政治なしがらみが伴うことはない。国籍や人種に関係なく、すべての命が重要だから、人々の命を助けるために全力を尽くす」 ■好意を得るためではなく 今回のワクチン無償供与について、ホワイトハウスは17日に以下のような公式声明を出した。

「今日、大統領は国際協調によるワクチン接種に率先して取り組むという公約を再確認し、ワクチン8000万回分 (以前に国外への提供が発表された英アストラゼネカ製ワクチン6000万回分に加えて、アメリカで認可されている各社のワクチン2000万回分)を6月末までに他国へ寄付する」 アストラゼネカ製ワクチンはまだアメリカ国内での使用が承認されていないが、カナダとメキシコには既に約450万回分を提供している。

何千万回分ものワクチンを他の国に寄付する計画について、ホワイトハウスは声明の中で「アメリカは他の国々の好意を得るためにワクチンを利用したりはしない」と主張した。

同日、この発表について語ったバイデンは、中国やロシアなどワクチン供与で先行している国々にも触れた。

「現在、ロシアと中国がワクチンを利用して、世界の国々に恩を売ろうとしているという噂がずいぶん流れている」と、バイデンは記者会見で述べた。

「アメリカは自らの価値観で世界を導きたい」 中国とロシアはいずれも他国にワクチンを寄付しているが、両国がワクチン供与で世界各国との関係強化に利用してきたとみる専門家は少なくない。

ロンドンに拠点を置く調査機関エコノミスト・インテリジェンス・ユニットのグローバル予測ディレクター、アガテ・デマレイスはNBCニュースに対して、ロシアと中国がワクチンを寄付した国のほとんどは「長年の間、ロシア、中国、西側諸国が他の国よりも多くの影響力を与えようと競い合ってきた国々だ」と語った。

ジョン・キャンベル元駐ナイジェリア米大使も同様に、ロシアと中国がアフリカ諸国にワクチンを寄付すれば「民主的な政府より独裁的な政府のほうが魅力的だと思わせる役に立つかもしれない」とNBCニュースに語った。

口では何と言おうと、これにはバイデンも対抗せざるを得ない。

関連 【宮家邦彦】中国のワクチン外交「採算度外視で政治優先、欧米にはできない」/パラグアイ「中国が台湾との国交断絶を要求」 【宮家邦彦】中国のワクチン外交「採算度外視で政治優先、欧米にはできない」/パラグアイ「中国が台湾との国交断絶を要求」 [どこさ](55) 【アコギな中国外交】中国を怒らせるとワクチンがなくなる?ブラジル議会が調査―独メディア ワクチン原料25%減少 【アコギな中国外交】中国を怒らせるとワクチンがなくなる?ブラジル議会が調査―独メディア ワクチン原料25%減少 [どこさ](7) 【米議員】「中国製ワクチンは有効性普通の割に高価」「ワクチン外交まだ間に合う」―中国メディア 【米議員】「中国製ワクチンは有効性普通の割に高価」「ワクチン外交まだ間に合う」―中国メディア [どこさ](4) 【石油ゲット】中国シノファーム製の新型コロナワクチンの3回目接種開始へ アラブ首長国連邦 産油国で中国ワクチン工場稼働中