強制わいせつ未遂の元巡査部長を懲戒免職 テレ朝NEWS [2021/05/21 23:59]  埼玉県警は4月、強制わいせつ未遂事件で逮捕・起訴された巡査部長の男を懲戒免職にしました。

 羽生警察署の駐在所勤務の巡査部長・池田高秀被告(34)は4月、業務で得た情報を悪用し、 羽生市内の商業施設に従業員を装って20代の女性を呼び出し、車の中でわいせつな行為をしようとしたとして起訴され、5月21日付で懲戒免職になりました。

 県警によりますと、池田被告は以前に女性と業務で関わっていて、その際に連絡先を控えていました。

 県警の聞き取りに対して「わいせつ目的で呼び出した」という旨の話をしているということです。