ソウル市永登浦区で暮らす主婦のコさん(52)は最近、大型スーパーに行くのが怖い。

今年初めまでは家族4人分の買い物をするのに10万ウォン(約9700円)あれば十分だったが、このごろは20万ウォン(約1万9000円)でも足りない時があるからだ。

コさんは「おかずの数を減らすしかない。韓牛(高級韓国産牛肉)コーナーには1-2カ月行っていないと思う」と言った。

日々の食費から家賃まで、物価が上がっている。

昨年0.5%にとどまっていた物価上昇率は、今年2月に1.1%と1%台になり、その2カ月後の4月には2.3%と明らかに上昇幅が大きくなっている。

2.3%は韓国銀行の物価管理目標(2%)を上回る数字だ。

 市場では、最近の景気回復の流れに乗って、物価の上昇は続くだろうという見通しが出ている。

これまで政府が抑えてきた公共料金の値上げが相次ぐ可能性があるとの見方だ。

ソウル市議会は同日、水道料金を8.3%(家庭用基準)引き上げることを決めた。

9年ぶりの引き上げだ。

原油価格上昇が続けば、電気代も上がる可能性がある。

■インフレは食卓から  先月の物価上昇を主導したのは農畜水産物と石油類だった。

食卓物価と直結する農畜産物の価格は13.1%上昇した。

今年2月(16.2%)や3月(13.7%)よりは上昇幅が小さいが、今年1月から4カ月連続で2けたずつ上がっている。

長ネギの価格は1年前に比べ270%上がった。

今年3月(305.8%)より上昇幅が鈍ったが、それでも依然として3けただ。

リンゴ(51.5%)、卵(36.9%)、唐辛子粉(35.3%)、豚肉(10.9%)なども大幅に上がっている。

統計庁関係者は「農産物は昨年の梅雨や台風、今年初めの寒波などで作況が良くなく、畜産物は高病原性鳥インフルエンザの影響で価格が上がった」と説明した。

チェ・ジョンソク記者 , チェ・アリ記者 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2021/05/05 10:10