「暑気払い、滋養強壮には犬の肉が一番だ」などという言い伝えによって、アジアには犬食文化がいまだ続いている国がいくつかある。

このたび韓国では、畜産農家に対する抜き打ち調査がきっかけで、50頭の犬が救出された。

『India Times』や『Mail Online』など海外の多くのメディアが報じている。

■併設の食肉処理場で処分 ソウルの約40km南に位置する韓国の龍仁(よんいん)市。

16日、ある畜産農家から約50匹の中型・大型犬が救出されたことを当局が明らかにした。

行政機関の抜き打ち調査により、ある農場で犬肉を扱っていることが判明。

農家は動物保護法違反で検挙され、犬たちはそのまま置き去りにされたという。

もしも摘発されなければ、犬たちは17日に併設の食肉処理場でさばかれる予定だった。

関連記事:冷たい川に投げ捨てられた犬を通行人が救出 飼い主が有罪認める ■食べ物も水も与えられず 犬の種類は多くがマスティフあるいは韓国原産の珍島犬(ちんどけん)で、狭いケージに押し込まれていた。

食べ物や水も与えられず、栄養失調からくる皮膚病を患っている犬、自力で立てない、歩けないといった犬も多かったという。

また、通常は電気ショックで食肉処分していたというが、大型のナイフも押収され、極めてむごたらしい方法がとられていた可能性があるという。

■リハビリ後は里親のもとへ 救出された犬たちは現在、世界最大規模の動物保護団体であるヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル(Humane Society International 略称:HSI)の韓国支部、LIFE、Korean K9 Rescue、およびYongin Animal Protection Associationで保護されている。

予防接種後、健康状態が回復したらアメリカとカナダにあるHISのリハビリセンターで過ごし、その後に里親を募集することになるという。

■暑気払いに最適と信じる人々 韓国では毎年夏に、暑気払いとして犬肉をスープで食べる『ボクナル(Bok Nal)』という祭りが開催される。

新型コロナウイルスの影響を受ける前は、年間100万頭の犬が消費されていたという。

中国・広西チワン族自治区玉林(ユーリン)市の『犬肉祭り』は、さらに有名だ。

中国政府が食用が可能な動物のリストから犬を除外し、近くでは深セン市などが犬食を禁止したにもかかわらず、昨年6月にも『玉林夏至祭り』と名を変えて開催されたことが報じられた。